地から空に舞う

「お天道様がみてるよ…」

今では、もうきかない、届かない言葉にあるのかもしれません。
その昔は、「はっ」「あっ」っと氣をつけようとしていました。
なぜでしょうかね。

地から空に舞う

地で舞う

恥じらい

自然と自然に、生きる美学がそうさせていたのかもしれませんね
それは、言語、英語の習得にもいえるのかもしれません。知人がよくいうのです。
中学、高校、大学。これから小学生もなのでしょうかね。
年数を指折ると…その時間って一体、何なのでしょうか。
どこか、もったいないような

なぜかしら、隣りの芝は…と目に入る。
はて、なぜなのでしょうか。「やりたいことの喪失…」

わかりませんが。生きる目的
豊に…とあれば、その豊な目的とは(何のための豊)。

そう、生きる目的

自然に躍動して舞う植物たち

何を想い、何に舞う…って、

「そんなこと、考えてられない!」が本音かもしれません。
それは、時季です。人間ではありませんから。
人間の視点からするとほんのひと時。一瞬ですね。

その一瞬に、舞う生き方

それなり、一生懸命に

感謝

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr