自然と涼しさを生む仕組み

燻し竹を屋根に

実体感

これから暑くなってきます。
ビニールハウスを改良して作ったピザ窯ハウスですが、夏は

ひんやりと心地よい風が通ります

ビニールハウス内と比べてもらうと全然違います。
また、ビニールハウスでなくとも外気+日差しと燻し竹屋根の中でも、全然違うのです。
まあ、屋根がないから、「それは、そう」なんですが
自分たちでもその涼しさを毎度のごとく感じ、
「あ~、ここが一番涼しい」っとみんなでお茶会。

ひんやりと涼む燻し竹の屋根

ひんやり感が、心地よい

うん、鉄くずからは生まれてこない。笑
自然の産物は、知恵で加工すると生活に生きるモノが多い
竹を煙でいぶす(燻す)知恵

昔のヒトちゃほんと、凄いですよ。

それを実際、こうやって昔の知恵をカタチに、
具体化してくれる碧い海の会さんも凄い。笑

感謝

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr