新鮮を食す 身近な場所に収穫環境あり

新鮮を食す

家庭菜園の距離がベランダや室内へと徐々に近づいてきています。
自身が栽培を楽しむ、子供たちに体感してもらう、緑がほしい
食を楽しむ

食の楽しみ方は、それぞれ
自ら育てると自然と美味しさも変化したように感じ得られます。

パセリの森

環境が美味しさを変化する

おにぎりを1つ食べる

想像してみてください

  • 部屋の中で食べる
  • 外食で食べる(室内)
  • 外で、公園で食べる
  • 山の頂上で食べる

たった一つのおにぎりを食べる。
このときの環境がほんの少し異なるだけで、大分変わってきます。
それとどれだけお腹が空いているか。笑

実は、環境よりも、そこだったり…笑

身近な森パセリ

身近な森パセリ

環境づくり

あきらめていませんか?笑

自ら変えられるものでもありますからね。
また、周囲と同じで、どこかしらが、”変わり続けるもの”
ヒトの営みは、止まりませんし、止まれません。笑
であるのであれば、一日、一日は進歩し続ける日であるように過ごす。
一日は、一歩の進化。

後は、希望する環境を妄想し続けることでしょうか。
楽しそうでは、ないですか!笑

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr