水は程ほどにナスの苗逞しく成長中

ナスの苗に水を与える

水やりを隆治に任せることが多くなりました。

ありがたい

これは、ナスの苗です。
良く聞かれる質問があります。

水は、どのくらいあげるのが良いのか?

・・・

苗そのもの、環境を見ないと「言えない」
なんでも、度を過ぎないことでしょうか。
与え過ぎると太るでしょ?笑
似たようなモノです。

環境という自然の変化が、自然と水分を与えていたり、与えなかったりと
苗の具合を見ます。その具合を見ながら、これ以上度を過ぎると弱くなる、弱くならないの感覚
を感じ取ります。笑

うん、わからないかもしれませんね

やってみないと

それでいても自然という生きものは、わからない未知数を秘めています。
「わかった」と思ったとしても、ある直面において、「あら、なんでかな?」という

考えさせる機会

を 自然と与えてくれます。ありがたいことととらえるのか
う~ん、困ったと停滞するのか。
後は、好きな方を個々が選び、前に進むだけ。

紫色に咲くナスのお花2012年ナスの苗

なんでも100%であれば、苦労はありません。
「120%した」と思っても、60%も満たさない・・・なんてことも
「わからないんです」
その時、その時を見つめ、見極め、そのモノの個性を感じ、
自然を感じ、心地よい環境をつくり、支える

そんな中にも、個々にある個性(野菜、苗の特徴、基本)を知っておくことが
また、次のステップにつながるわけです。

ちょっと、今日は、ややこしかったかな?笑

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr