野菜の苗に支え棒(さし枝)をさす

この前ナスの苗を発泡スチロールに移植した際に、3本のさし枝をしました。
さし枝は、3本ば安定して一番良い方法だと思います。

イメージは、下記のような感じです。
近すぎず、遠すぎず。苗にとって程よい距離感を保ってあげると良いです。

ナスの苗とさし枝

何もさし枝をしていない状態は、こんな感じ。
背筋がピンっと元気に見えます。

発泡スチロールにナスの苗

これからさし枝を前、後ろにさします。
こんな感じで、さしてみました。
大きさにもよりますから、苗を見て判断してください。

さし枝をナスの苗にさす

二本目は、こんな感じ。

二本目のさし枝をさす

結びは、下の写真にあるような細いものを使っています。

園芸用の細いひも

特に、紐に指定はありません。何でも良いと思います。
苗にとって窮屈にならないもので、支えてあげてください。

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr