アメリカンブルー美しく強く育つ背景の先に

一回り大きなアメリカンブルー

一回り大きく成長するために

  • 手をかける
  • 水を与える
  • 肥料を与える
  • 日光にあたる

気持ちは、よくわかります。これらが必要でないということではありません。
「与える」こればかりが全て良いことではありません。

気をつけなければいけないことが、ひとつ

度を過ぎると過保護になる

言い換えると「厳しい環境に、生きる力が身につく

なんでも与えれば、いい方向に進むとは限りません。
厳しい、難解な道と出逢い、その先に美しい世界があります。
また、その分美しくも見えるものであり、感じられるのです。
厳しい環境とは、なんでしょうね。

自然環境

いつ雨が降るのか、光が射すのか、予測不可能。
毎日、水や光が与えられる環境ではありません。
植物たちの目線からみてみるととても厳しい環境です。
それでも力強く生きている姿は、とても美しい

アメリカンブルーが育つ

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr