見え隠れする春の足音

茜川沿いに咲くお花川沿いに咲く小さなお花

ウチの真横を流れる茜川沿いに、小さな花が咲いています。
呼び名は、不明。笑
良く見かけますよね。

何度踏まれようが、強く咲き育つ

人、車などに踏まれても、いつものように咲く。
これが、色合いも根つきも力強い。

「不思議だ」と感じつつも、これが「自然の力」と感じています。

なんとも説明がつかない力が・・・そこに・・

自然に生えてくる緑

きっと皆さんの身のまわり、
足元にいっぱい生えているのではないでしょうか?
知らず知らずのうちに、踏み、歩き、どこか心地よいクッションに。

すると花々は、ヒトの道を離れ、淵に寄る。
人道には、草だけ。彼らは、見事に生きる道を見つけ出し、
根をはり、子孫を増やします。

何のためか?

生きるため

実に、シンプル明快の一点。

昨日は、暖かかったですね。蒲江からお客さんが来たりと
賑やかな月曜日でした。笑

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr