腐葉土作りに5年かける

年を重ねる腐葉土連山

腐葉土連山

写真の左奥が若い山、一番手前が5年と腐葉土の山々が連なっています。
腐葉土は、近所のヒトとのつながりから助けられています。
ありがたい。

未来の腐葉土をおろす

これ夏の写真。

こんな感じで、す~っとウチの前を通過しては、
腐葉土となる木々をおろしてくれます。
田舎暮らしなので、山々に囲まれ、いらなくなる木々が自然と出てきます。
そのいらなくなったモノを頂いては、山積みにし
きりかえします。

5年で腐葉土

若い腐葉土の山5年の年月を重ねた腐葉土

ウチで使う腐葉土は、こんな感じの状態です。
サラサラしていて気持ちがいいです。笑

サラサラの土状態

山道を歩いていて、感じるのが2つ

  • 足元が、ふわふわしている
  • 嫌なニオイがしない

雑草が枯れ、年月とともに、地に降り積もり、
コンクリートの隙間から、新しい芽を出す。
少しずつ、それを地道に繰り返す姿は、力強いです。

5年間

長いです

最初の5年がものすごく長いですが、
積み重ねが1年、1年単位となっていきます。
自然とは、それだけ時間がかかるモノのです。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr